データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年の安田記念(G1)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

公開:

今週の日曜日に、東京競馬場 芝 1600mで行われる第71回 安田記念 (G1)に注目して予想していこう。

東京G1連続開催のラストを飾る春のマイル王者決定戦。

今年は、前走のヴィクトリアマイルを制してG1 6勝目を狙う昨年の覇者グランアレグリア、昨年の安田記念3着でリベンジを狙うインディチャンプら含む全14頭が出走予定。

昨年はグランアレグリア、アーモンドアイ、インディチャンプと、上位人気による堅い決着となったが、本来やや荒れ決着の多いレースだ。

今年はどんな展開になるのか?

さっそく、レースの傾向を見てみよう。
 

まずは安田記念(G1)の傾向まとめを見てほしい。

 

中荒れ~大荒れの配当を意識しながら、 1番人気or3番人気を軸に考えレースを紐説いていく。

その結果、1番人気のグランアレグリア、3番人気のサリオスをそれぞれ軸に据え、二桁人気馬を含めた7頭まで絞り込む馬券を2種類用意した。

グランアレグリア軸1頭ながしの3連複を保険でおさえながら、中荒れの配当を意識した勝負もできる。

それでは理由を詳しく説明していこう。

 

安田記念の
人気別データ

人気 1着 2着 3着 着外 複勝率
1番人気 3 2 2 3 70%
2番人気 1 0 1 8 20%
3番人気 1 3 2 4 60%
4番人気 1 0 0 9 10%
5番人気 0 2 0 8 20%
6番人気 0 0 1 9 10%
7番人気 1 0 0 9 10%
8番人気 1 1 0 8 20%
9番人気 2 0 0 8 20%
10番人気 0 0 1 9 10%
11番人気 0 0 0 10 0%
12番人気 0 0 2 8 20%
13番人気 0 1 0 8 11%
14番人気 0 0 0 9 0%
15番人気 0 0 1 7 12.5%
16番人気 0 1 0 7 12.5%
17番人気以降~ 0 0 0 10 0%

 

当日人気データをみると、1番人気は70%、3番人気は60%と高い複勝率だ。

馬券にからんだ馬の共通点をみながら、1番人気or3番人気で軸は決めたい。

1番人気で馬券にからんだ馬7頭の共通点は、

>前走が海外出走だった3馬はすべて馬券に絡んでいた。 国内出走だった7頭で見てみると、馬券に絡んだ4頭は前走も1番人気だった。

と傾向にある。

今回の出走馬でみると、現状1番人気のグランアレグリアは、前走ヴィクトリアマイル(G1)を1番人気で推され、条件をクリアしている。

 

続いて3番人気で、馬券にからんだ馬6頭の共通点は、

>前走5番人気以内の一桁決着というものがあった。

と傾向にある。

今回の出走馬で3番人気のサリオスは、前走3番人気で5着決着している為、上記の条件をクリアしているものの、

3番人気の複勝率は60%なので、信頼度は1番人気のグランアレグリアより劣る。

したがって、1番人気のグランアレグリアを軸に考えながら、相手に3番人気馬をいれて馬券を組み立てる。

 

相手馬は幅広く拾いたいので、二桁人気の馬まで注意が必要だ。

傾向にもあったが、二桁人気の馬で馬券にからんだ馬5頭の共通点は以下の通り。

・栗東所属馬
・6歳以下
・前走一桁人気
・前走G2以上

今回出走する現状二桁人気馬を、上記の共通点と照らし合わせてみた。

 

二桁人気馬条件別データ

      
出走馬 栗東所属馬 6歳以下 前走一桁人気 前走G2以上
カテドラル 栗東 牡5 4 ダービー卿チャレンジ(G3)
ギベオン 栗東 牡6 6 読売マイラーズC(G2)
カデナ 栗東 牡7 11 大阪杯(G1)
ダイワキャグニー 美浦 セ7 11 読売マイラーズC(G2)
トーラスジェミニ 美浦 牡5 7 ダービー卿チャレンジ(G3)

現状二桁人気の5頭で、すべての条件を満たしているギベオンは、信頼度が高いといえる。

残り4頭は、すべての条件をクリアできていないものの、

>優先すべきデータを明確にし、二桁人気選出の参考にしたい。

と傾向にあるため、他のデータを見ながら相手馬を決めていこう。

 

安田記念の
前走人気別データ

前走人気 1着 2着 3着 着外 複勝率
前走1番人気 4 1 3 25 24.2%
前走2番人気 3 3 1 13 35.0%
前走3番人気 0 1 1 13 13.3%
前走4番人気 2 1 1 9 30.6%
前走5番人気 0 1 1 17 10.5%
前走6〜9番人気 0 2 2 28 12.5%
前走10番人気以降〜 0 0 0 13 0%

前走人気別データをみると、前走二桁人気以降で馬券にからんだ馬は13頭中ゼロ。

前走二桁人気のカデナ、ダイワキャグニーここで切ろう。

 

安田記念の
クラス別データ

     
クラス 1着 2着 3着 着外 複勝率
G1 3 4 1 29 21.6%
G2 3 5 8 70 18.6%
G3 2 0 0 10 16.7%

同クラス別データをみると、G3から参戦した馬で馬券にからんだ馬は12頭中2頭。

2頭の共通点は、当日一桁人気で前走を馬券内決着している馬だった。

前走ダービー卿チャレンジ(G3)を6着だったトーラスジェミニは厳しいだろう。

 

安田記念の
前走距離別データ

     
距離 1着 2着 3着 着外 複勝率
同距離 4 5 6 70 17.6%
今回延長 5 3 1 38 19.1%
今回短縮 1 2 3 26 18.8%

複勝率には差がないが、前走から距離短縮して馬券にからんだ6頭には、前走掲示板内着しているという共通点があった。

この共通点により、上記に該当しない距離短縮からの出走のダノンキングリー、カデナ馬券から切る。

 

安田記念の
前走騎手別データ

     
前走騎手 1着 2着 3着 着外 複勝率
同騎手 6 7 6 76 20%
乗り替わり 4 3 4 58 15.9%

前走騎手データで、騎手乗り替わりで馬券にからんだ馬の特徴をみつけた。

下の表を見てほしい。

乗り替わり騎手登録別データ

     
登録騎手 1着 2着 3着 着外 複勝率
美浦登録 2 2 4 22 26.7%
栗東登録 2 0 0 25 7.4%
外国登録 0 1 0 11 8.3%

騎手乗り替わりで馬券にからんだ馬は美浦登録の騎手に乗り替わった馬が多く、

栗東登録の騎手に乗り替わった馬は、27頭中2頭しか馬券にからめていない。

2頭の共通点は、前走1番人気だった馬ということ。

したがって、上記に該当しない栗東登録騎手に乗り替わりのダノンプレミアム、ケイデンスコール割引しようと思う。

 

安田記念の
前走G1組レース別データ

     
レース名 1着 2着 3着 着外 複勝率
高松宮記念 2 0 0 5 28.6%
NHKマイルカップ 1 0 0 2 33.3%
ヴィクトリアマイル 0 3 0 12 20.0%
マイルCS 0 1 0 0 100%
大阪杯 0 0 1 8 11.1%
天皇賞春 0 0 0 1 0%
フェブラリーS 0 0 0 1 0%

最後に前走G1組において注目すべきデータを見つけたので紹介しよう。

最も出走頭数が多い、前走ヴィクトリアマイル組で馬券にからんだ馬は、15頭中3頭。

その3頭の内訳は、本レースで2年連続馬券内入りしているアエロリットアーモンドアイの実質2頭となる。

 

今回前走ヴィクトリアマイル組から参戦するのは、一番人気のグランアレグリアだが、上記2頭と異なった点が一つある。

2頭の共通点は、ヴィクトリアマイルまで2ケ月以上レース間隔を空けて参戦しているということ。

4月から2連戦してから参戦のグランアレグリアには、マイナスポイントになる事実といえる。

とはいえ、1番人気の強い信頼性は維持しているので、3番人気のサリオスも軸としながら、馬券を組み立てる。

それではデータに基づいた最終予想をまとめる。
 

安田記念の事前予想

◎ サリオス

◎ グランアレグリア

〇 インディチャンプ

〇 シュネルマイスター

〇 ラウダシオン

〇 カラテ

〇 カテドラル

〇 ギベオン

大穴を狙えるように馬券は2頭軸ではなく、2種類購入を推奨。

まず3連複で、3番人気サリオスを軸1頭流しで、 グランアレグリアをはずした相手6頭(15点)で勝負!

併せてグランアレグリアを軸1頭流しで、相手7頭(21点)の3連複も保険で購入することを推奨する。

今週の予想記事

サイトマップはこちら