データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年のヴィクトリアマイル(G1)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

公開:

今週の日曜日に、東京競馬場 1,600メートル(芝・左)で行われるヴィクトリアマイル(G1)に注目して予想していこう。

先週のレースは、紹介できるデータが集まらなかったため予想を見送ったが、先々週の青葉賞では381%の馬券を獲得。

天皇賞春でも、回収率は低めだが136%の回収率を獲得し、5月は前半から好調な予想を展開している。

ヴィクトリアマイル(G1)は毎年のように2桁人気の馬が馬券に絡んでくる「荒れるレース」としても有名だ。

今年は昨年の最優秀短距離馬グランアレグリア、高松宮記念2着のレシステンシアが参戦予定となり注目を集めている。

では、レースの傾向を見てみよう。
 

まずはヴィクトリアマイル(G1)の傾向まとめを見てほしい。

 

傾向で書かれている通り、二桁人気まで視野に置きレースを紐解く。

その結果、上位人気のレシステンシアを馬券から排除して、二桁人気馬のランブリングアレープールヴィルスマイルカナを含めた7頭まで絞りこんだ。

グランアレグリアが3着だった場合(1番人気の連対率は50%)の破壊力を踏まえ、軸は置かずに、馬連のボックス買いを推奨する!

それでは説明していこう。

 

ヴィクトリアマイルの
人気別データ

人気 1着 2着 3着 着外 複勝率
1番人気 2 3 0 5 50%
2番人気 1 0 1 8 20%
3番人気 0 1 2 7 30%
4番人気 1 2 0 7 30%
5番人気 2 0 2 6 40%
6番人気 1 0 1 8 20%
7番人気 1 1 2 6 40%
8番人気 1 0 0 9 10%
9番人気 0 0 0 10 0%
10番人気 0 0 0 10 0%
11番人気 1 1 1 7 30%
12番人気 0 2 0 8 20%
13番人気 0 0 0 10 0%
14番人気 0 0 0 10 0%
15番人気 0 0 0 10 0%
16番人気 0 0 0 10 0%
17番人気 0 0 0 9 0%
18番人気 0 0 1 6 14.3%

当日人気データをみると、1番人気の複勝率が頭一つぬけてはいるが50%と信頼度は低い。

今のところ軸を選べるデータではないので、他のデータも揃えば軸選定していきたい。

二桁人気の馬は6頭馬券に絡んでいる。

傾向でもあるが、美浦所属の騎手で、前走5~9番人気の中穴・前走最終コーナーを4番手以内に通過した共通点がある。

現時点では、今回の出走馬に該当する馬はいなかったが、引き続き二桁人気馬も視野にいれて他のデータもみてみよう。
 

ヴィクトリアマイルの
前走着順名データ

着順 1着 2着 3着 着外 複勝率
前走1着 0 2 1 32 8.6%
前走2着 1 2 3 19 24.0%
前走3着 0 1 3 7 36.4%
前走4着 1 1 0 8 20%
前走5着 2 0 2 6 40%
前走6〜9着 4 2 0 41 12.8%
前走10着〜 2 2 1 33 13.2%

前走着順データだが、前走を6着以降した馬で、馬券に絡んだ馬を調べてみると、

二桁決着で馬券に絡んだ5頭は、すべて前走一桁人気の馬だった。

前走6〜9着決着の馬で馬券に絡んでいるのは、前走4番人気以内の上位人気馬という共通点がある。

今回の出走馬でみると

二桁決着で前走一桁人気の馬は、スマイルカナ、ダノンファンタジーが該当する。

前走二桁着順の馬は上記の2頭。

他のデータと噛み合えば、注意したい馬だ!と言える。

前走6〜9着決着で、前走4番人気以内の馬は、イベリス、シゲルピンクダイヤ、リアアメリア、が該当する。

上記の3頭は他のデータもみながら、注意したいが、逆に該当しなかったアフランシール、サウンドキアラ、マルターズディオサには厳しいデータとなった。

 

ヴィクトリアマイルの
前走クラス別データ

     
前走クラス 1着 2着 3着 着外 複勝率
同クラス 10 9 10 133 17.9%
昇級戦 0 0 0 9 0%

前走クラス別データだが、昇級線で参戦した馬の複勝率はゼロ。

したがって、昇級戦で挑むレッドベルディエス、クリスティは馬券から切ろう。
 

ヴィクトリアマイルの
G3レース別データ

レース名 1着 2着 3着 着外 複勝率
中山牝馬G3 2 1 1 12 25.0%
福島牝馬G3 0 1 2 22 12.0%
ダービーHG3 0 1 0 4 20%

今回出走する馬が使った、前走G3レース別データをみると、

福島牝馬組から出走した馬で馬券に絡んだ馬は25頭中3頭だった。

3頭の共通点は、掲示板着で決着していた馬。

今回の福島牝馬組から出走する5着以降〜のシゲルピンクダイヤは着順データでの信頼はあったが、福島牝馬組なので注意が必要。

アフランシール馬券から切ろう。

 

ヴィクトリアマイルの
G2レース別データ

レース名 1着 2着 3着 着外 複勝率
阪神牝馬G2 4 4 4 59 16.9%
産経大阪G2 1 1 1 4 75.0%

続いて前走G2レース別データだが、

今回もっとも出走頭数が多い前走阪神牝馬組で、馬券に絡んだ馬の特徴を調べてみた。

6〜9番着で馬券に絡んだ馬は、17頭中1頭。

その馬はストレイトガールで、前年の同レースの勝ち馬かつ、2年前の3着馬だ。

今回の前走阪神牝馬組で、上記のような実績のない6〜9番着のイベリス、リアアメリアは着順データでの信頼はあったが、前走阪神牝馬組なので、ここで切ろう。

また美浦登録馬で馬券で絡んだ馬は12頭中1頭。

その馬はホエールキャプチャーで、この馬も3回ヴィクトリアマイルに出場して、4着以内で決着している実力馬だった。

今回の前走阪神牝馬組で、上記のような実績のない美浦登録馬のマジックキャッスル馬券から切ろう。

 

ヴィクトリアマイルの
馬体重別データ

馬体重 1着 2着 3着 着外 複勝率
420〜439kg 1 2 0 16 15.8%
440〜459kg 2 2 6 55 15.4%
460〜479kg 5 3 3 43 20.4%
480〜499kg 2 2 1 20 20.0%
500〜519kg 0 0 0 7 0%
520〜539kg 0 1 0 3 25.0%
540〜 0 0 0 1 0%

馬体重別データをみると、500kg以上の馬で馬券に絡んだ馬は12頭中1頭

その馬はケイアイエレガントで、ヴィクトリアマイルを2回出場経験のある25戦以上戦歴のある6歳馬だった。

今回上記のような戦歴をもたない500kg超の馬は、レシステンシア、ディアンドルの2頭。

当日の馬体重をチェックしなければならないが、注意が必要だ。

 

これまでのデータをもとに、最終予想をまとめる。   
 

ヴィクトリアマイルの事前予想

〇 グランアレグリア

〇 デゼル

〇 テルツェット

〇 ダノンファンタジー

〇 スマイルカナ

〇 プールヴィル

〇 ランブリングアレー

 

馬券は馬連7頭ボックス(21点)を推奨したい。

今週の予想記事

サイトマップはこちら