データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

高松宮記念(G1)の傾向まとめ
 過去データから予想すべきレースか判別

中京開催での直近9年のレース結果

2020年 配当:217,720円
着順 馬名 人気 年齢
1 モズスーパーフレア 9 牝5
2 グランアレグリア 2 牝4
3 ダイアトニック 4 牡5
2019年 配当:4,497,470円
着順 馬名 人気 年齢
1 ミスターメロディ 3 牡4
2 セイウンコウセイ 12 牡6
3 ショウナンアンセム 17 牡6
2018年 配当:60,450円
着順 馬名 人気 年齢
1 ファインニードル 2 牡5
2 レッツゴードンキ 3 牝6
3 ナックビーナス 10 牝5
2017年 配当:23,880円
着順 馬名 人気 年齢
1 セイウンコウセイ 5 牡4
2 レッツゴードンキ 2 牝5
3 レッドファルクス 1 牡6
2016年 配当:6,690円
着順 馬名 人気 年齢
1 ビッグアーサー 1 牡5
2 ミッキーアイル 2 牡5
3 アルビアーノ 3 牝4
2015年 配当:81,560円
着順 馬名 人気 年齢
1 エアロヴェロシティ 4 セ7
2 ハクサンムーン 6 牡5
3 ミッキーアイル 3 牡4
2014年 配当:71,040円
着順 馬名 人気 年齢
1 コパノリチャード 3 牡4
2 スノードラゴン 8 牡6
3 ストレイトガール 1 牝5
2013年 配当:27,200円
着順 馬名 人気 年齢
1 ロードカナロア 1 牡5
2 ドリームバレンチノ 2 牡6
3 ハクサンムーン 10 牡4
2012年 配当:5,930円
着順 馬名 人気 年齢
1 カレンチャン 2 牝5
2 サンカルロ 3 牡6
3 ロードカナロア 1 牡4

高松宮記念の
大まかな傾向

配当はやや荒れ傾向

2019年の400万馬券があったため平均554,660円の超高配当レース。
だが、その年を除く8年では61,808円と、平均よりやや高めと考えよう。

1枠はやや不利

1枠から出走した5番人気以内の馬が、わずか2頭だったということも理由の1つだが、馬券に絡んだのは唯一1番人気3着のロードカナリアのみ。
開催日程が6日 or 8日ということから内枠の芝が荒れていることも原因の1つ、1枠に関しては割引して考えたい。

軸馬は3番人気以内から選出

ここ9年では1番人気よりも2番~3番人気の複勝率の方が高い。
1番人気が馬券に絡んだ5年の平均配当が26,948円ということから、1番人気は相手に押さえる方向で考えるのがベターか。

二桁人気馬の好走

二桁人気で馬券に絡んだのは4頭。
ただ、2019年の400万馬券(二桁人気が2頭)は狙えるものではないので、2018年と2013年に馬券に絡んだ10番人気までを相手として考えたい。

ちなみに10番人気馬の共通点は、前走オーシャンステークス(G3)で3番人気以内に支持されていた。

高松宮記念の
傾向まとめ

≫ 夢馬券を除く8年の平均は61,808円 やや荒れをイメージしよう

≫ 1番人気よりも2番~3番人気の方が馬券に絡んでいる 回収率を考えて1番人気は軸にせず相手に

≫ 相手は10番人気以内で考える 前走オーシャンステークス組の上位人気馬に注意

傾向はある程度ある
データが揃えば荒れ方向で馬券を組みたい

ズバリ!

今週の予想記事

サイトマップはこちら