データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年のシルクロードステークス(G3)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

中京競馬場で行われる芝1200mコース、シルクロードステークス(G3)の予想をしていきたいと思う。

シルクロードステークスは、高松宮記念の前哨戦に位置付けられたレースで、直近ではシルクロードS経由で高松宮記念(G1)に参戦した馬が5年連続で馬券に絡んでいる。
※2016年 ビッグアーサー、2017年 セイウンコウセイ、2018年 ファインニードル、2019年 セイウンコウセイ、2020年 モズスーパーフレア

直近の傾向から考えると、高松宮記念の予想をするためにも重要なレースの1つといえるだろう。

 

まずは、シルクロードステークス(G3)の傾向を参考にしてほしい。

傾向にある通りこのレースは、ほぼ毎年二桁の馬が馬券に絡み荒れ傾向。

今年もデータから1番人気のモズスーパーフレア・2番人気のラウダシオンが切れたので、当然高配当の結果となるだろう!

この先、上位人気を馬券から外せる理由を紹介していこう。

シルクロードステークスの
人気別データ

  1着 2着 3着 着外 複勝率
1番人気 3 1 0 6 40.0%
2番人気 4 1 0 5 50.0%
3番人気 2 1 0 7 30.0%
4番人気 1 2 1 6 30.0%
5番人気 0 2 0 8 20.0%
6番人気 0 1 0 9 10.0%
7番人気 0 0 1 9 10.0%
8番人気 0 0 1 9 10.0%
9番人気 0 0 0 10 0.0%
10番人気 0 0 0 10 0.0%
11番人気 0 1 2 7 30.0%
12番人気 0 0 2 8 20.0%
13番人気 0 0 1 9 10.0%
14番人気 0 1 0 8 11.0%
15番人気 0 0 1 8 11.0%
16番人気 0 0 1 8 11.0%
17番人気 0 0 0 4 0.0%
18番人気 0 0 0 3 0.0%

冒頭や傾向でも伝えているが、

データをみると、どんな馬でも人気に関わらず馬券に絡んでいることが分かる。

予想をするうえで重要なことは、人気を気にすると外れ馬券を量産するということ。

ぜひ、人気にとらわれず馬の選定をしてほしい!

シルクロードステークスの
馬齢別データ

馬年齢 1着 2着 3着 着外 複勝率
4歳 3 3 1 27 20.6%
5歳 3 3 2 25 24.20%
6歳 3 3 4 31 24.4%
7歳 1 1 1 31 8.80%
8歳 0 0 1 14 6.70%

4歳~6歳 と 7歳以上では、複勝率に大きな差があることが分かる。

ここでは、複勝率の高い4歳~6歳の馬にフォーカスし、各年齢の共通点を紹介しようと考えていたが、

6歳馬には明確な共通点がなかったので4歳・5歳に関する情報をまとめる。

4歳馬で馬券に絡んだ7頭の共通点
・前走同距離(芝1200m)出走
・前走掲示板内着だった馬

5歳馬で馬券に絡んだ8頭の共通点
・前走同距離(芝1200m)出走
・追いこみ脚質ではない馬

また、7歳馬以降で馬券に絡む馬の条件は

傾向に記載した通り過去の重賞で馬券に絡んだ経験のある実績馬ということから、

ラウダシオン・クリノガウディー・ヴェスターヴァルト・ラヴィングアンサー・の4頭を切る!

シルクロードステークスの
斤量データ

齢差~斤量 1着 2着 3着 着外 複勝率
齢差~ -4 0 0 1 6 14.3%
齢差~ -3 0 0 1 26 3.7%
齢差~ -2 0 2 4 21 22.2%
齢差~ -1 0 3 2 39 11.4%
齢差~ 0 4 3 2 28 24.3%
齢差~ +1 6 1 0 12 36.8%
齢差~ +2 0 1 0 2 33.3%

斤量を規定より重い斤量を背負った馬は、好走する可能性が高いことが分かる。
※規定(牡馬、セン場=57kg、牝馬=55kg)を「0」と示す

そのうち、規定以上で馬券に絡んだ馬17頭の共通点を紹介しよう。

17頭中15頭が、前走 同じ芝1200メートルを走っていた。

残り2頭は、2017年・2019年のダンスディレクターで、前走で阪神C(G2) 芝1400メートルを走っていた。

このことから、ヴェスターヴァルト・ラウダシオン・モズスーパーフレアを切り、前走に阪神Cを走ったクリノガウディーには注意が必要という結論に至る。

シルクロードステークスの
馬番別データ

  1着 2着 3着 着外 複勝率
1番 2 1 0 7 30.00%
2番 2 1 0 7 30.00%
3番 1 0 0 9 10.00%
4番 1 0 1 8 20.00%
5番 0 0 0 10 0.00%
6番 0 2 1 7 30.00%
7番 2 1 2 5 50%
8番 1 2 1 6 40.00%
9番 1 0 1 8 20%
10番 0 0 1 9 10%
11番 0 1 0 9 20.00%
12番 0 0 0 10 0.00%
13番 0 1 0 9 10.00%
14番 0 0 0 9 0.00%
15番 0 0 2 7 22.2%
16番 0 1 0 8 11.1%
17番 0 0 0 4 0.00%
18番 0 0 1 2 33.3%

傾向でも紹介しているデータだが、一桁馬番の方が二桁馬番よりも複勝率が高いことがわかる。

複勝率の高い一桁馬番で馬券に絡んだ馬の共通点を調べてみると、以下の条件の馬は馬券に絡んでいないことが分かった。

・斤量54kgを背負った馬(0/23)
・前走リステッドクラス(0/9)
・8歳馬(0/8)

ザイツィンガー、コントラチェック、セイウンコウセイが切れる。

また、勝ち馬は一桁馬番、かつ単勝4番人気以内で考えるという傾向があり、

他のデータでもマイナス要素のないライトオンキューを頭にしたフォーメーションが結論となる。

最後に、

中京開催から出走して馬券に絡んだ3頭の条件が、前走3番人気以内だったことを踏まえ、

現時点で残っている馬の中から、ミッキースピリット・タイセイアベニールの2頭を切る。

上記データを基に、◎からのフォーメンション56点で勝負したい。

>点数が多いという場合には、△を削りフォーメーション20点がベターか。

シルクロードステークスの事前予想

◎ ライトオンキュー

☆ クリノガウディー

▲ エイティーンガール

▲ リバティハイツ

▲ シヴァージ

▲ トゥラヴェスーラ

△ カイザーメランジェ

△ プリモシーン

△ ルッジェーロ

今週の予想記事

サイトマップはこちら