データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年のシンザン記念(G3)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

今週は中山金杯に続き、2つ目の重賞となるシンザン記念を予想していく。

シンザン記念は荒れるレースではあるものの、データでしっかり穴馬を拾える傾向があり、今年も中荒れ以上を狙っていくことを前提とする。

軸馬は単勝3番人気以内、相手は出走頭数に関わらず11番人気までで考える。

詳しくは、シンザン記念の傾向を参考にしてほしい。

ただ1つ気にしたいのは、今年は京都ではなく中京開催であるということ。

これまでは右回りだったものが左回り、枠的には最内枠がやや不利なデータとなっている。

つまり予想をするうえで、過去データを100%信用しきれない状態だということだけ把握しておいてほしい。

出走登録予定の現時点での注目馬は、末脚が光るククナ、フューチュリティステークス4着のバスラットレオン

ククナは前走のアルテミスステークスでの末脚は光った。

直線では前が詰まっていて、ジュベナイルフィリーズ3着のユーバーレーベン同様に苦しい展開だったが、前が空いてからの足は見事。

コースも右回りより左回りの方が合いそうで、中京でのレースは歓迎だ。

ただ、中京1600mでは最後方からでは届かない傾向があるので、イマイチなスタートをしっかり決めて10番手前後で最終コーナーを通過できれば間違いないだろう

大外枠からの出走が決まった現在、後方からの競馬になりそうな匂いがするな…。

バスラットレオンは、とにかくスタートが上手い!

前走は単純に力負けしたとして、その前の2走は距離の問題。

距離1600mで、この相手ならば無難に人気に即した結果を出すだろうと感じる。

さて、注目馬2頭に関しての主観はこんなところだが、ではデータではどうなのか?みていこう。

シンザン記念の
単勝人気別データ

  1着 2着 3着 着外 複勝率
1番人気 3 0 1 6 40.00%
2番人気 3 2 1 5 60.00%
3番人気 0 1 2 7 30.00%
4番人気 1 1 1 7 30.00%
5番人気 0 1 1 8 20.00%
6番人気 0 0 1 9 10.00%
7番人気 1 1 0 8 20.00%
8番人気 2 0 0 8 20.00%
9番人気 0 3 1 6 40.00%
10番人気 0 1 0 9 10.00%
11番人気 0 0 2 8 20.00%
12番人気以降 0 0 0 34 0.00%

1番人気と2番人気の複勝率がやや高いものの、11番人気まで横一線というイメージを持った方がいい。

高配当を狙えるレースなので軸を据えるのではなく、点数は増えるがボックス買いを推奨する。

シンザン記念の
脚質別データ

  1着 2着 3着 着外 複勝率
逃げ 2 0 2 6 40.00%
先行 4 4 2 26 27.80%
差し 2 3 5 38 20.80%
追込 2 3 1 38 13.60%

どの脚質からも馬券に絡むが、逃げ馬の複勝率が高いことに注目したい。

10頭の逃げ馬から4頭馬券に絡んでいて、4頭のうち2頭は1番人気、残りの2頭は4番人気と11番人気だった。

スタートが上手な逃げ馬にとっては、京都よりも中京1600mの方が好ましいだろう。

馬券に絡んだ逃げ馬4頭の共通点を探してみると、

前走で最終コーナーを3番手以内に通過&実績5戦以内というものがあった。

今年逃げそうな馬でいうと、ルークズネスト・レゾンドゥスリールだろうか。

ルークズネストは12番人気以降になりそうなので、ここではレゾンドゥスリールに注目したい。

過去10年、新馬戦からの参戦馬は全部で15頭で、馬券に絡んだのは4頭。

その4頭は、新馬戦で2番人気以内の馬に限定され、前走1番人気だった馬の複勝率は50%と高い。

つまり、レゾンドゥスリールは押さえておくべき1頭と言える!

シンザン記念の
前走人気別データ

  1着 2着 3着 着外 複勝率
前走1番人気 5 4 3 23 34.30%
前走2番人気 3 1 1 11 31.30%
前走3番人気 0 0 1 12 7.70%
前走4番人気 0 0 0 12 0.00%
前走5番人気 0 1 1 8 20.00%
前走6~9番人気 1 2 2 24 17.20%
前走10番人気以降 1 2 2 18 21.70%

データから、前走で1~2番人気になった馬の当レースの複勝率が、やや抜けていることがわかる。

そこで【前走1~2番人気で馬券に絡んだ17馬】【前走3番人気以降で馬券に絡んだ13頭】の共通点を、わけて探してみた。

【前走1~2番人気で馬券に絡んだ17馬】
・439キロ以下で参戦した7頭は、馬券に絡んでいない(当日1番人気2頭含め)
・前走6着以降だった4頭は全て馬券に絡んでいた
・前走が重賞だった5頭中、4頭が馬券に絡んでいた

上記を基準に考えると、
× カスティーリャ
 ククナ
 トーカイキング
 ピクシーナイト
× マリアエレーナ
 ルース
 レゾンドゥスリール

ここではククナの好走を示し、2頭を切る結論となった。

【前走3番人気以降で馬券に絡んだ13頭】
・当日の1番人気2頭は馬券に絡んでいない
・前走で新馬・未勝利組の18頭は馬券に絡んでいない
・13頭中12頭は、前走と同じ騎手
・前走表開催からの参戦馬のみ馬券に絡んでいる

騎手は推定となるが、

× セラフィナイト
× ダディーズビビッド
× バスラットレオン
× ファルヴォーレ
 ブルーシンフォニー
× ルークズネスト
 ロードマックス
 ワザモノ

となり、2番人気以内になるだろうバスラットレオンは切ることになる。※3番人気になったならば押さえる必要あり

それではデータに基づいた最終予想をまとめる。

シンザン記念の事前予想

◎ レゾンドゥスリール

〇 ククナ

▲ ピクシーナイト

☆ ワザモノ

△ ロードマックス

△ ブルーシンフォニー

ククナ⇒大外枠という理由で、◎から〇に降格
レゾンドゥスリール⇒上記の理由により昇格

上位2頭はデータ的によいが、高配当を狙えるレースなのであくまでボックスを推奨する!

今週の予想記事

サイトマップはこちら