データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年の皐月賞(G1)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

今週の日曜日に、中山競馬場 芝2000mで行われる皐月賞(G1)に注目して予想していこう。

クラシック3冠の幕開けを飾る一戦で、三冠馬を目指す牡馬にとって超重要なレースだ。

ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルの7頭が皐月賞制覇のあと、日本ダービー、菊花賞とタイトルを獲得して歴史的な三冠馬となった。

そして昨年の覇者であるコントレイルも、見事8頭目の三冠馬となった。

今年も、ホープフルS(G1)を制覇したダノンザキッドをはじめ、共同通信杯を制したエフフォーリア、すみれS勝ち馬のディープモンスターなど、期待を背負った3歳牡馬が激突する。

まずは皐月賞(G1)の傾向まとめを見てほしい。

 

傾向で書かれている通り【やや荒れ】を意識しながら、

二桁人気の馬まで視野に入れレースを紐解いた結果、

二桁人気のレッドベルオーブを馬券に加えた6頭を選出。

軸は固定せず馬連、もしくは3連複で馬券を組み上げていきたい。

それでは説明していこう。

皐月賞の
人気別データ

人気 1着 2着 3着 着外 複勝率
1番人気 3 2 1 4 60%
2番人気 1 3 0 6 40%
3番人気 1 2 3 4 60%
4番人気 2 2 1 5 50%
5番人気 0 0 0 10 0%
6番人気 0 0 0 10 0%
7番人気 1 0 0 9 10%
8番人気 1 0 4 5 50%
9番人気 1 1 0 8 20%
10番人気 0 0 0 10 0%
11番人気 0 0 0 10 0%
12番人気 0 0 1 9 10%
13番人気 0 0 0 10 0%
14番人気 0 0 0 10 0%
15番人気 0 0 0 10 0%
16番人気以降~ 0 0 0 25 0%

人気別データだが、当日4番人気までは横一線。

このデータだけでは軸選定は難しいので、他のデータも見ながら決めていきたい。

2017年 12番人気だったダンビュライトが、二桁人気で馬券内入りしている。

ダンビュライトは過去2走の重賞で馬券に絡んでおり、最大数馬券に絡んでいる前走弥生賞(G2)組からの参戦等、過去データから押えられる馬だ。

したがって一桁人気を馬券の中心に馬券を組み立てながら、二桁人気馬の重賞結果を加味して判断した結果、レッドベルオーブ以外切れる結果になった。

詳しくは記載したデータをみてほしい。
 

 

皐月賞の
キャリア別データ

           
キャリア 1着 2着 3着 着外 複勝率
1戦 0 0 0 1 0%
2戦 0 0 0 4 0%
3戦 2 3 3 16 33.3%
4戦 3 3 4 34 22.7%
5戦 3 4 2 35 20.5%
6戦 1 0 1 29 6.5%
7戦 1 0 0 14 6.7%
8戦 0 0 0 8 0%
9戦 0 0 0 2 0%
10戦 0 0 0 1 0%

キャリア別データだが、馬券はほぼ3~7戦の馬で決着している。

したがってキャリア2戦でこのレースに挑む、グラティアスここで切れる。

また7戦以上で馬券に絡んだのは、それまで3連勝で挑んだロゴタイプのみ。

キャリアの中でロゴタイプのような目覚ましい勝利もなく、当日二桁人気のルーパステソーロここで切ろう。
 

皐月賞の
前走着順別データ

前走着順 1着 2着 3着 着外 複勝率
前走1着 8 7 5 52 27.8%
前走2着 2 1 2 28 15.2%
前走3着 0 0 2 20 9.1%
前走4着 0 2 0 12 14.3%
前走5着 0 0 0 5 0%
前走6~9着 0 0 1 21 4.5%
前走10着~ 0 0 0 7 0.0%

前走着順データだが、ほぼ前走4着までの着順で決着している。

前走5着以降で馬券に絡んだのは共同通信杯(G3)で1番人気9着だったダノンバラードのみ。

ダノンバラードのように、前走人気があったのに結果を出せなかった馬のみ注意が必要だ。

今回の出走馬では前走共同通信杯(G3)で、前走1番人気で5着のステラヴェローチェに注意が必要だろう。

前走10番人気で6着で、当日二桁人気のワールドリバイバルは、ここで切ることにする。
 

皐月賞の
前走人気順別データ

前走人気順 1着 2着 3着 着外 複勝率
前走1人気 6 8 5 25 43.2%
前走2人気 2 1 1 21 16.0%
前走3人気 1 0 1 19 9.5%
前走4人気 0 0 0 20 0%
前走5人気 0 0 1 2 16.7%
前走6~9人気 1 0 1 38 5.0%
前走10人気~ 0 0 0 7 0.0%

前走人気順別データだが、ほぼ前走5番人気以内で決着しているが、

前走6番人気以降でも2頭馬券にからんだ馬が存在する。

前走8番人気だった2020年ガロアクリークと、2016年ディーマジェスティの2頭だ。

この2頭は、前走が重賞レース、かつ勝ち馬という共通点があった。

イルーシヴパンサー、アサマノイタズラ条件から漏れた。

皐月賞の
前走距離別データ

     
距離 1着 2着 3着 着外 複勝率
同距離 2 7 4 61 17.6%
今回距離延長 8 3 6 68 20.0%
今回距離短縮 0 0 0 16 0%

前走距離データだが、距離短縮した馬の複勝率はゼロ。

16頭中ゼロなので、馬券にからむ可能性は低いと言えるだろう。

したがって今回距離短縮で挑む、ディープモンスターここで切る
 

皐月賞の
前走レース別データ

                 
レース名 1着 2着 3着 着外 複勝率
スプリングステークスG2 3 1 3 32 17.9%
弥生賞G2 0 5 2 34 17.1%
きさらぎ賞 0 0 1 5 16.7%
すみれS 0 0 0 8 0%

今回出走予定の馬が、前走で使ったレースで、

複勝率が低い前走レースの特徴を調べてみた。
 

◆スプリングステークスG2【今回出走馬:ヴィクティファルス】

出走頭数が2番目に多く、複勝率は17%。

馬券にからんでいるのは、2着以内の馬のみ。

ヴィクティファルスは上記に該当する。
 

◆弥生賞G2【今回出走馬:タイトルホルダー、ダノンザキッド】

出走頭数が1番多く複勝率は、スプリングステークスと同じ17%

馬券にからんだ馬はほぼ栗東登録馬で、美浦登録馬で馬券にからんだのは当日2番人気だったコーディーノのみ。

美浦登録馬で当日9番人気のタイトルホルダーここで切ろう。
 

◆きさらぎ賞G2【今回出走馬:ヨーホーレイク、ラーゴム】

6頭中1頭しか馬券にからめていない。

馬券にからんだ馬は1番人気1着だった馬のみ。

2頭とも上記に該当しない。

母数が少ないのでここでは切らないが、ラーゴム割引が必要か。

ヨーホーレイク二桁人気でもあるのでここで切ろう。
 

◆すみれS 【今回出走馬:ディープモンスター、】

このレースから出走した馬の複勝率はゼロ。

ディープモンスターは距離短縮で、すでに馬券から除外済。

皐月賞の
騎手分類別データ

                 
前走騎手名 1着 2着 3着 着外 複勝率
美浦登録 4 0 4 73 9.9%
栗東登録 6 9 5 66 23.3%
外国 0 1 1 6 25.5%

騎手分類別データだが、美浦登録の複勝率がひくい。

美浦登録騎手騎乗で、馬券にからんだ馬の特徴を調べてみた。(下記参照)

                 
前走騎手名 1着 2着 3着 着外 複勝率
同騎手 4 0 4 34 19.9%
乗り変わり 0 0 0 39 0%

美浦登録騎手騎乗で騎手乗り替わりの馬は、複勝率がゼロだった。

したがって、今回乗り変わりのあったシュヴァリエローズ、ステラヴェローチェは馬券から切れる。

 

これまでのデータをもとに、最終予想をまとめる。
 

皐月賞の事前予想

〇 エフフォーリア

〇 ダノンザキッド

〇 ヴィクティファルス

〇 アドマイヤハダル

〇 ラーゴム

〇 レッドベルオーブ

 

馬券は三連複の6点ボックス(20点)を推奨する。

今週の予想記事

サイトマップはこちら