データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年の大阪杯(G1)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

今週の日曜日に、阪神競馬場 芝2000mで行われる大阪杯(G1)に注目して予想していこう。

2016年までは春の天皇賞、宝塚記念といった古馬G1の重要な前哨戦として行われ、2017年以降G1に昇格。

過去の優勝馬にはラッキーライラック、スワーヴリチャード、キタサンブラックなど、錚々たる名馬が名を連ねている。

今回は昨年の無敗三冠馬に輝いた現役最強馬の称号を持つコントレイル、2020年のJRA最優秀短距離馬を受賞したG1競走4勝グランアレグリア、2歳でマイル王に輝いた4歳牡馬サリオス等、豪華なメンバーが集結した。

 

まずは大阪杯(G1)の傾向まとめを見てもらいたい。

上位支持されている馬が馬券に絡む傾向にあり、1番人気 or 2番人気のどちらかが連対しているようだ。

無敗三冠馬のコントレイルと、G1を4勝しているグランアレグリアに人気が集中するこのレースを紐解いた結果、券種は馬連で軸はコントレイルに決定!

相手はグランアレグリアを除く2頭に絞り込めた!

過去4年の馬連の平均配当は2,510円なので、600%を超える回収に期待できる!

その理由を説明していきたいと思う。

大阪杯の
人気別データ

  1着 2着 3着 着外 連対率
1番人気 2 0 1 1 50.0%
2番人気 1 1 1 1 50.0%
3番人気 0 0 0 4 0.00%
4番人気 0 1 2 1 25.0%
5番人気 0 0 0 4 0.00%
6番人気 0 1 0 3 25.0%
7番人気 0 1 0 3 25.0%
8番人気 0 0 0 4 0%
9番人気 1 0 0 3 25.0%
10番人気 0 0 0 4 0.00%
11番人気 0 0 0 4 0.00%
12番人気以降~ 0 0 0 12 0%
※G1昇格後の4年間のレース結果

人気別データをみると、1番~2番人気両方が連を外しておらず

現状、1番人気 or 2番人気のどちらかが連対しているので、どちらかを軸にすることを前提に考える。

9番人気の馬まで馬券にからんでいる為、相手は一桁人気で馬券を考えていきたい。

他のデータも見てみよう。
 

大阪杯の
年齢別データ

馬体重 1着 2着 3着 着外 連対率
4歳 1 2 3 13 15.8%
5歳 3 1 1 18 17.4%
6歳 0 1 0 8 11.0%
7歳 0 0 0 2 0.0%
8歳 0 0 0 3 0.0%
※G1昇格後の4年間のレース結果

次に年齢データを見てみてみると、6歳馬が2着に絡んだこともあるが、ほぼ4歳5歳馬で決着していることが分かる。

6歳馬以上の馬で馬券にからんだ馬は、当日7番人気で2着に入ったステファノス1頭のみ。

6歳馬以上の連対率は7%と低いので、今回6歳以上で出走する7頭については、他のデータで適合すれば相手として考える というイメージを持ちたい。

大阪杯の
前走クラス別データ

前走クラス 1着 2着 3着 着外 連対率
G3 0 0 0 7 0%
G2 3 3 4 31 14.6%
G1 1 1 0 4 33.3%
※G1昇格後の4年間のレース結果

前走クラス別データを見てみよう。

前走G2、G1レースを走った馬で、決着している事がわかる。

それぞれのクラスで馬券にからんだ馬の特徴を調べてみた。
 

◆前走G1組で連対した馬の特徴。

・前走3番人気以内
・前走3着以内
・同騎手出場

 

今回の出走メンバーで、前走G1組は以下の馬で、連対した馬との共通点を〇と✖で記した。

クレッシェンドラヴ ✖✖✖
サリオス 〇✖✖
グランアレグリア 〇〇〇
コントレイル 〇〇〇

 

年齢別データでも該当していた7歳馬のクレッシェンドラブここで切れる。

共通項が1つしかないサリオス連対は難しいと言える。

逆に3つ以上該当しているグランアレグリアコントレイルは、有力候補として抑えておく。
 

◆前走G2組で馬券に連対した馬の特徴。

・前走3番人気以内
・前走6着以内

 

今回の出走メンバーで、前走G2組は以下の馬で、連対した馬との共通点を〇と✖で記した。

ペルシアンナイト ✖✖
モズベッロ ✖✖
ブラヴァス 〇✖
アドマイヤビルゴ 〇✖
ワグネリアン 〇〇


 

条件に合うのはワグネリアン

ワグネリアンは6歳馬だが、上記で紹介した6歳馬以上で連対する7%の対象に適合するわけだ。

 

大阪杯の
調教師分類別データ

調教師分類 1着 2着 3着 着外 連対率
美浦 0 0 1 14 0.00%
栗東 4 4 3 30 19.5%
※G1昇格後の4年間のレース結果

続いて調教師分類別データを見ると、美浦の登録の連対率はゼロだ。

今回の出走メンバーではグランアレグリア美浦登録馬だった為、
グランアレグリアここで切る。

 

上記の事実を踏まえ、コントレイルを軸に馬券を組んでいく。
 

これまでのデータから最終決断は下記のようになる。

 

大阪杯の事前予想

◎ コントレイル

〇 レイパパレ

〇 ワグネリアン

 

コントレイルを軸に馬連一頭軸ながし、相手2頭(2点)を推奨する。

今週の予想記事

サイトマップはこちら