データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

マイラーズカップ(G2)の傾向まとめ
 過去データから予想すべきレースか判別

京都開催での直近9年のレース結果

2020年 配当:13,350円
着順 馬名 人気 年齢
1 インディチャンプ 1 牡5
2 ベステンダンク 7 牡8
3 ヴァンドギャルド 2 牡4
2019年 配当:4,680円
着順 馬名 人気 年齢
1 ダノンプレミアム 1 牡4
2 グァンチャーレ 5 牡7
3 パクスアメリカーナ 4 牡4
2018年 配当:7,060円
着順 馬名 人気 年齢
1 サングレーザー 4 牡4
2 モズアスコット 2 牡4
3 エアスピネル 1 牡5
2017年 配当:12,430円
着順 馬名 人気 年齢
1 イスラボニータ 2 牡6
2 エアスピネル 1 牡4
3 ヤングマンパワー 7 牡5
2016年 配当:281,010円
着順 馬名 人気 年齢
1 クルーガー 3 牡4
2 ダノンシャーク 5 牡8
3 クラレント 11 牡7
2015年 配当:98,650円
着順 馬名 人気 年齢
1 レッドアリオン 8 牡5
2 サンライズメジャー 5 牡6
3 フィエロ 1 牡6
2014年 配当:7,930円
着順 馬名 人気 年齢
1 ワールドエース 3 牡5
2 フィエロ 1 牡5
3 エキストラエンド 2 牡5
2013年 配当:137,990円
着順 馬名 人気 年齢
1 グランプリボス 5 牡5
2 サンレイレーザー 8 牡4
3 ダノンシャーク 3 牡5
2012年 配当:36,870円
着順 馬名 人気 年齢
1 シルポート 3 牡7
2 ダノンシャーク 6 牡4
3 コスモセンサー 7 牡5

マイラーズカップの
大まかな傾向

配当は堅め or 中荒れ

京都開催に変わってからの9年分のデータ。
平均配当66,663円とやや高めだが1万円台以下が5年あり、堅め or 中荒れ。
決着人気に対しての配当を見ると美味しいとは言えず、馬券は組みにくい。

軸馬は決めづらい

上位人気から順当に複勝率が高く、1番人気が最も高い67%の複勝率だが軸にするほどの安心感は持てない。
9年で馬券に絡んだ27頭中26頭は8番人気以内のため、相手選びの幅はある程度制限される。

二桁人気馬の好走

二桁人気で馬券に絡んだのは2016年の11番人気3着のクラレントのみ。
パッと見で、クラレントを拾えそうなデータはなく、割り切って8番人気以内を狙いに行く方がベター。
2016年を除く平均配当は39,870円と、一般よりやや低めのため回収率を考えると馬券は組みたいレースではない。

マイラーズカップの
傾向まとめ

≫ 配当は堅め or 中荒れ どちらに転ぶか明確ではないので避けるのがベターか

≫ 人気に応じて複勝率が上下し、1番人気が67%で最も高いが軸にできるほどではない

≫ 9年のデータで27頭中26頭が8番人気以内の決着

傾向がないとは言わないが
回収率を考えると美味しいレースとは言えない

ズバリ!

今週の予想記事

サイトマップはこちら