データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年のマーチステークス(G3)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

今週の日曜日に、中山ダ1800mで行われるマーチステークス(G3)に注目して予想していこう。

マーチSは荒れ模様になることで有名なダートのハンデ重賞で、数々の波乱劇が演じられてきたレースだ。

マーチステークス(G3)の傾向まとめでも紹介しているが、

二桁人気の馬まで拾い【やや荒れ~大荒れ】を狙うレースとなる。
 

データに基づいて馬の選定を行った結果、

1番人気のアメリカンシードが馬券から外れた!

また二桁人気の馬もしっかり拾えたので、今年も高配当が期待できるだろう!!

それではデータを見ていこう。

マーチSの
人気別データ

  1着 2着 3着 着外 複勝率
1番人気 1 1 1 6 33.3%
2番人気 2 2 1 4 55.6%
3番人気 1 0 1 7 40.00%
4番人気 0 1 0 8 11.1%
5番人気 0 2 1 6 33.3%
6番人気 2 1 0 6 33.3%
7番人気 0 0 1 8 11.1%
8番人気 2 0 1 6 20.00%
9番人気 0 0 0 9 0%
10番人気 1 0 1 7 22.2%
11番人気 0 1 1 7 22.2%
12番人気 0 0 1 8 11.1%
13番人気以降~ 0 1 0 35 2.8%
※阪神開催を除く2012年以降の9年の傾向

人気別データを見ると人気薄の馬でも馬券にからんでいることが分かる。

8番人気までは横一線で、馬券にからんでくる可能性があると考えて良いだろう。

12番人気は複勝率11.1%で、13番人気から15番人気まで複勝率は0%となっている。

13番人気以降で馬券にからんだ馬は16番人気で2着となった牡7歳馬メイショウタメトモ一頭のみ。

メイショウタメトモは、2012年マイルチャンピオンシップ(G1)を4着につけ、同レースでも2度出走経験がある馬だ。

今回の出走メンバーの13番人気以降~の馬では、ダートG1レースを掲示板内着経験をもつ馬は存在しないので、

13番人気以降~の馬はバッサリと切って、

馬券は、12番人気以内~の馬で組み立てていくことにする。
 

マーチSの
前走着順別データ

前走着順 1着 2着 3着 着外 複勝率
前走1着 3 3 3 23 28.1%
前走2着 1 1 4 9 40%
前走3着 1 1 0 9 18.2%
前走4着 0 1 0 8 11.1%
前走5着 0 2 0 8 20.0%
前走6~9着 2 0 0 28 6.7%
前走着10着~ 2 1 2 31 13.9%
※阪神開催を除く2012年以降の9年の傾向

前走の着順データを見てみると、前走5着までだった馬の複勝率が高いことがわかる。

とくに前走2着だった馬の複勝率が高いことから、メモリーコウには注意したいデータだ。
 

次に、複勝率の低い前走6着以降の馬で馬券に絡んだ馬の条件を探してみた。

前走6着以降で馬券にからんだ7頭の共通点を調べてみると、前走を同距離または距離延長して参戦していることが分かった。

・前走6着以降の距離短縮馬
デルマルーヴル・テーオーエナジー・ベストタッチダウンは切る!

・前走6着以降の距離延長馬
次に距離延長して馬券に絡んだ馬は、フェブラリーステークスからの参戦馬のみだったので、
フェブラリーS以外から、距離延長して参戦するレピアーウィット・オメガレインボーも厳しい。

・前走6着以降の同距離馬
同距離から参戦して馬券に絡んだ馬は、【前走が表開催に参戦】かつ【前走から騎手が乗り替わり】だった。
この条件に即して考えると、スワーヴアラミス・ダノンファストの2頭は注目すべき馬ということになった。
 

マーチSの
前走レース別データ

レース名 1着 2着 3着 着外 複勝率
総武S 2 4 0 17 26.1%
フェブラリーS G1 2 0 0 6 25%
仁川S 1 1 2 6 40%
佐賀記G3 1 0 1 8 20%
金蹄S 1 0 0 1 50%
平安SG3 1 0 0 0 100%
アルデバ 1 0 0 0 100%
仁川SH(L) 0 1 0 6 14.3%
みやこS 0 1 0 3 25%
フェアウH 0 1 0 0 100%
コリC 0 1 0 0 100%
ポルック 0 0 1 7 12.5%
師走Sh 0 0 1 1 50%
JCD G1 0 0 1 2 33.3%
伊丹SH 0 0 1 1 50%
報知G 0 0 1 0 100%
白嶺S1600 0 0 1 0 100%
※阪神開催を除く2012年以降の9年の傾向

前走レース別データを見ると、前走総武S組の馬が出走頭数が多く、

複勝率も高い。

今レースでも前走総武S組から、4頭エントリーしているので馬券にからんだ馬の特徴をしらべてみた。

前走総武S組で馬券にからんだ馬は23頭中6頭いるが、5頭が馬体重500kg以上の馬だという事がわかった。

 

500kg以下で馬券にからんだ1頭は 当日5番人気以内に推されたクイーンズサタンだった。

前走総武S組の馬体重500kg以下の馬で、当日掲示板内人気以下の馬は、馬券にからむ可能性は低いと言える。

したがって、今回出走する前走総武S組で、馬体重500kg以下で5番人気以降の、ダノンファスト、メモリーコウ切ることにする。
 

マーチSの
騎手登録別データ

騎手分類 1着 2着 3着 着外 複勝率
美浦 7 8 8 89 20.5%
栗東 2 1 0 22 12%
地方 0 0 1 1 50%
外国 0 0 0 4 0%
※阪神開催を除く2012年以降の9年の傾向

最後に騎手の登録別データだが、美浦登録騎手にくらべて、栗東登録騎手の複勝率が低いことが分かる。

栗東登録騎手の騎乗でで馬券にからめたのは25頭中3頭

そこで馬券にからんだ、栗東登録騎手騎乗の3頭の共通点を調べてみると、以下の共通点があることが分かった。

・5~7歳馬
・4枠より外枠での出走位置

したがって、上記のどちらにも該当しなかった栗東登録騎手騎乗のアメリカンシードここで切れる。
 

最終的な印は以下の馬になる。

 

マーチSの事前予想

◎ ハヤヤッコ

〇 スワーヴアラミス

〇 ナムラカメタロー

〇 ヒストリーメイカー

〇 ライトウォーリア

〇 ロードゴラッソ

〇 デルマルーヴル

複勝率が高い2番人気のハヤヤッコを軸に3連複軸1頭ながし6点(15点)を推奨する。
 

今週の予想記事

サイトマップはこちら