ボンくんの競馬予想のロゴ

京都牝馬ステークス(G3)の傾向まとめ
 過去データから予想すべきレースか判別

直近5年のレース結果

2020年 配当:145,450円
着順 馬名 人気 年齢
1 サウンドキアラ 1 牝5
2 プールヴィル 6 牝4
3 メイショウグロッケ 13 牝6
2019年 配当:1,536,660円
着順 馬名 人気 年齢
1 デアレガーロ 9 牝5
2 リナーテ 7 牝5
3 アマルフィコースト 13 牝4
2018年 配当:10,260円
着順 馬名 人気 年齢
1 ミスパンテール 1 牝4
2 デアレガーロ 4 牝4
3 エスティタート 5 牝5
2017年 配当:33,820円
着順 馬名 人気 年齢
1 レッツゴードンキ 1 牝5
2 ワンスインナムーン 7 牝4
3 スナッチマインド 5 牝6
2016年 配当:36,210円
着順 馬名 人気 年齢
1 クイーンズリング 1 牝4
2 マジックタイム 6 牝5
3 ウインプリメーラ 3 牝6

京都牝馬ステークスの
大まかな傾向

配当は基本堅め寄り

距離が1600mから1400mに短縮となった2016年以降、5年間の傾向。
2019年の夢馬券が引っ張り平均配当352,480円、その他の4年でみると1番人気が4勝する落ち着きある配当。

外枠有利

過去5年、5枠以降の馬で100%連対している。
複勝馬でも15頭中13頭が5枠以降で、2枠以内に単勝3番人気が4頭いたのに一切馬券に絡んでいないことを考えると外枠が絶対的に有利と言える。
おすすめは外枠に絞った馬連・馬単だが、データは5年なので大勝負はしないように。

軸馬は1番人気

過去5年で5戦4勝、距離短縮前も含めた過去10年でも6勝8連対と、京都牝馬ステークスでの1番人気の信頼度は高い。
1番人気から一桁の中穴人気に小点数で勝負するのがベターか。

二桁人気馬の好走

二桁人気は5年で2頭と、人気薄でも馬券に絡むレースと考えたい。
先行馬が3着に2頭残っているので、前残りには注意したい。
ただ連対はないことから、一桁人気の馬連で手堅く押さえたい。

京都牝馬ステークスの
傾向まとめ

≫ 平均352,480円だが、基本堅めで考える

≫ 外枠が圧倒的有利!外枠を軸に考えよう!

≫ 80%の連対率の1番人気を軸に、中穴に馬連で組むのがベター

データの蓄積年数は少ないものの傾向はまずまず
データを最大限活用すべきレース

ズバリ!

今週の予想記事

サイトマップはこちら