データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

京都2歳ステークス(G3)の傾向まとめ
 過去データから予想すべきレースか判別

G3昇格後の6年間のレース結果

2019年 配当:640円
着順 馬名 人気 年齢
1 マイラプソディ 1 牡2
2 ミヤマザクラ 2 牝2
3 ロールオブサンダー 3 牡2
2018年 配当:3,840円
着順 馬名 人気 年齢
1 クラージュゲリエ 1 牡2
2 ブレイキングドーン 4 牡2
3 ワールドプレミア 2 牡2
2017年 配当:5,450円
着順 馬名 人気 年齢
1 グレイル 2 牡2
2 タイムフライヤー 1 牡2
3 ケイティクレバー 5 牡2
2016年 配当:7,450円
着順 馬名 人気 年齢
1 カデナ 3 牡2
2 ヴァナヘイム 1 牡2
3 ベストアプローチ 6 牡2
2015年 配当:14,300円
着順 馬名 人気 年齢
1 ドレッドノータス 3 牡2
2 リスペクトアース 5 牡2
3 アドマイヤエイカン 1 牡2
2014年 配当:68,280円
着順 馬名 人気 年齢
1 ベルラップ 6 牡2
2 ダノンメジャー 2 牡2
3 シュヴァルグラン 5 牡2

京都2歳ステークスの
大まかな傾向

配当は基本ガチガチ

2014年にG3に昇格してからのデータ。
出走頭数が8頭~12頭と少なく、そのぶん単勝上位人気の決着が目立つように感じる。

配当をみると馬券を組むべきではないことが一目瞭然。
出走頭数が増え、傾向が見えるまでは手を出すべきではない。

京都2歳ステークスの
傾向まとめ

回収目的で、このレースで馬券を組む理由はない
あと数年は様子見

ズバリ!

今週の予想記事

サイトマップはこちら