データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年の北九州記念(G3)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

公開:
更新:

今週は札幌記念(G2)もあるがデータが揃わなかったため、

予想難易度は高いが北九州記念を予想していく。

さっそ北九州記念の傾向まとめの確認してもらおう。

このレースを予想するうえで重要なのは、【荒れる】か【荒れないか】の見極めだ。

2012年の99万馬券、2017年の107万、2014年の395万と、高配当が出ているレースだが、

過去10年でのその他の7年は、平均60,880円の配当とやや荒れ程度。

今年はどうか?というのが気になるところだが、

荒れた3年の単勝人気の結果を見ると、予想自体に無理があるのでは?と感じてしまう…。

2017年:3番人気⇒14番人気⇒15番人気
2014年:8番人気⇒13番人気⇒17番人気
2012年:8番人気⇒12番人気⇒6番人気

ただ、直近10年の傾向で使えるデータが、しっかりあるのも事実!

結論を先に伝えると、今回は馬単勝負で挑むこととなる!

馬単でも平均配当は20,241円と、十二分の回収期待が出来るのだ。

現時点で馬単最大6点の予想にまとまったので、ぜひ参考にしてほしい!

北九州記念の
単勝人気別データ

人気 1着 2着 3着 着外 連対率
1番人気 0 3 1 6 30%
2番人気 1 1 1 7 20%
3番人気 1 1 1 7 20%
4番人気 0 1 1 8 10%
5番人気 0 1 1 8 10%
6番人気 2 0 1 7 20%
7番人気 0 0 1 9 0%
8番人気 5 0 0 5 50%
9番人気 1 0 0 9 10%
10番人気以降 0 3 2 73 3.8%

このデータをみると、率は低いものの二桁人気馬も馬券に絡んでいることが目につく。

さらに軸に出来そうなデータではないため、三連単の予想難易度が高いこともわかる。

今回馬単で勝負しようとした理由は、馬単ならば的中率と回収率のバランスが取れると判断したからだ。

さて、本題に入り、このデータから見て取れる情報をまとめると、

1.勝ち馬は一桁人気馬から輩出され、うち8頭が6番人気以降

ここでの結論としては、高回収率を期待して6番人気~9番人気を1着馬に固定するというもの。

レース直前まで馬の選定はできないが、6番人気~9番人気で勝った8頭の共通点を探してみると…

・前走一桁人気で一桁決着
・前走は差し or 追い込み脚質、最終コーナーを5番以降で通過

下馬評から幅広目に対象となりそうな馬をピックアップし、このデータに該当するかどうかの判断すると、以下のような結果となった。

〇:シゲルピンクルビー・ボンボヤージ
×:ファストフォース・レッドアンシェル・エングレーバー・ボンセルヴィーソ・アスコルターレ・ノーワン

シゲルピンクルビーとボンボヤージが、6番人気~9番人気に落ち着いたならば頭固定としよう!

2.2着馬は7頭が5番人気以内、残り3頭は二桁人気馬

上位人気は大方の予想を付けられるが、二桁人気馬の選定は当日になりそうだ。

ここでは、二桁人気で2着になった馬の共通点を探してみた。

・5歳以下(6歳以降は47頭いたが連対率0%)
・騎手は乗り替わり
・前走一桁決着

3頭という母数の少ない共通点なので信憑性は絶対的とは言えないが、ひとまず二桁人気馬に成りそうな馬と照らし合わせ、2つ以上の適合と1つ以下の適合で判断した。

〇:アスコルターレ〇〇〇・ノーワン〇〇〇・メイショウケイメイ〇×〇・ロジーナ〇ー〇・ファンタジステラ×〇〇

×:エングレーバー〇××・ボンセルヴィーソ×〇×・メイショウカリン×〇×・メイショウキョウジ×〇×・ロジクライ×〇×・コンパウンダー×〇×

上記5頭が二桁人気で落ち着いた場合には、2着馬として押さえようと思う。

北九州記念の
年齢別データ

馬齢 1着 2着 3着 着外 連対率
3歳 0 2 2 18 9.1%
4歳 3 3 5 16 22.2%
5歳 3 5 1 39 16.7%
6歳 3 0 2 37 7.1%
7歳馬以降 1 0 0 27 3.6%

このデータでは、3歳~5歳が馬券に絡む率が高いことがわかるが、

今回は馬単で馬券を組むため、勝ち馬と2着馬を限定してみてみよう。

すると勝ち馬は4歳以上、2着馬は3歳~5歳であることがわかった。

人気別データで残った馬を並べてみると、

1着馬候補の2頭は、シゲルピンクルビー3歳・ボンボヤージ4歳ということで、ボンボヤージに分があるといえる。

2着馬候補は5番人気以内と二桁人気でわけてみると、以下のような結果となった。

・5番人気以内を前提
〇:アウィルアウェイ5歳・ヨカヨカ3歳・ファストフォース5歳・シゲルピンクルビー3歳

×:モズスーパーフレア6歳・ジャンダルム6歳

・二桁人気を前提(単勝人気別で残った馬)
〇:アスコルターレ3歳・ノーワン5歳・メイショウケイメイ5歳・ロジーナ4歳

×:ファンタジステラ7歳

北九州記念の
斤量別データ

斤量 1着 2着 3着 着外 連対率
~51kg 0 0 1 21 0%
51.5~53kg 3 5 3 35 17.4%
53.5~55kg 5 3 3 48 13.6%
55.5~57kg 2 2 3 31 10.5%
57.5kg~ 0 0 0 3 0%

斤量別データをみると、51kg以下から連対していないことがわかる。

1着馬候補のボンボヤージは52kgで問題ないが、2着馬候補が数頭切れることになる。

【×】
51kgメイショウケイメイ
51kgロジーナ
51kgヨカヨカ

【〇】
52kgアスコルターレ
52kgシゲルピンクルビー
53kgノーワン
55kgファストフォース
55.5kgアウィルアウェイ

 

北九州記念の最終予想

これまでのデータから、以下の馬単フォーメーション5点を推奨する。

1着馬
ボンボヤージ(6~9番人気前提)

2着馬
アウィルアウェイ(5番人気以内前提)
ファストフォース(5番人気以内前提)
シゲルピンクルビー(5番人気以内前提)
アスコルターレ(二桁人気前提)
ノーワン(二桁人気前提)

ここに付け足すとするならば、

5番人気以内から7頭の2着馬が出ていることから、斤量データのみで該当しなかったヨカヨカを押さえておくという案もありだ。

というのもヨカヨカを入れても6点、平均配当が20,241円なので個人的には抑えようと考える。

今週の予想記事

サイトマップはこちら