データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

ホープフルステークス(G1)の傾向まとめ
 過去データから予想すべきレースか判別

直近6年のレース結果

2019年 配当:2,760円
着順 馬名 人気 年齢
1 コントレイル 1 牡2
2 ヴェルトライゼンデ 3 牡2
3 ワーケア 2 牡2
2018年 配当:3,650円
着順 馬名 人気 年齢
1 サートゥルナーリア 1 牡2
2 アドマイヤジャスタ 2 牡2
3 ニシノデイジー 3 牡2
2017年 配当:52,380円
着順 馬名 人気 年齢
1 タイムフライヤー 1 牡2
2 ジャンダルム 4 牡2
3 ステイフーリッシュ 8 牡2
2016年 配当:15,250円
着順 馬名 人気 年齢
1 レイデオロ 1 牡2
2 マイネルスフェーン 8 牡2
3 グローブシアター 2 牡2
2015年 配当:7,790円
着順 馬名 人気 年齢
1 ハートレー 3 牡2
2 ロードクエスト 1 牡2
3 バティスティーニ 2 牡2
2014年 配当:345,220円
着順 馬名 人気 年齢
1 シャイニングレイ 2 牡2
2 コメート 8 牡2
3 ブラックバゴ 9 牡2

ホープフルステークスの
大まかな傾向

配当は堅め決着

G3時代からローテーションに変化は感じられないから、G2に昇格した2014年以降(G1昇格は2017年)のデータを用意。

2015年以降は1番人気の連対率が100%と、信頼度が高いと言えるが当然その分配当は低め。
上記5年の平均配当は16,366円と、高回収を期待するのは難しい。

1番人気を軸に馬連で考えてみると平均1,081円の回収が見込めるので、相手を絞り込めるならば馬連勝負がベターと判断。

軸馬は1番人気 馬連の相手探し

連対した12頭のうち3番人気以内から9頭、残りは4番人気1頭と8番人気2頭だった。
4番人気以降の3頭の共通点を探してみると、前走5番人気以内で勝利・前走の最終コーナーを7番手以内に通過していた。

また、相手探しをするための豆知識をまとめた。
1番人気の相手は、昇級馬でいうと前走2番人気以内で勝ち上がった馬・当日一桁人気であること。
同クラスからの参戦馬でいうと、前走5番人気以内の連対馬。

ホープフルステークスの
傾向まとめ

≫ 堅め決着、馬券を組むならば馬連で1番人気から小点数で流す

≫ 上記の情報から相手を3頭くらいまで絞りたい、そうすれば360%の回収を見込める

データで深堀するほどのレースではない
上記のまとめを参考にしてほしい

ズバリ!

今週の予想記事

サイトマップはこちら