データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年の函館記念(G3)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

公開:
更新:

昨年の340万馬券もあり、平均配当60万オーバー!

大荒れ必須の函館記念(G3)を予想していこう!

函館記念(G3)の傾向まとめで紹介しているが、1番人気と2番人気は馬券から外す前提で予想するのがセオリー。

過去10年、1番人気2番人気ともに1回ずつしか馬券に絡んでいないのだ。

つまり、ダートのマイル王である1番人気カフェファラオを切ることを意味する。

これだけでも的中時の配当が高くなるので、とてもワクワクするレースだ。

また、今回は的中率重視で考え、三連単ではなく馬単勝負で予想を進めていくことにする。

馬単でも、昨年の27万馬券を除く9年の平均で17,435円と破壊力抜群なのだ!

最終的な予想は週末に行うが、魅力のある予想となっているので参考にしてほしい。

函館記念の
単勝人気別データ

人気 1着 2着 3着 着外 連対率
1番人気 1 0 0 9 10%
2番人気 1 0 0 9 10%
3番人気 3 0 2 5 30%
4番人気 2 0 0 8 20%
5番人気 2 0 0 8 20%
6番人気 0 0 0 10 0%
7番人気 0 2 5 3 70%
8番人気 0 2 1 7 20%
9番人気 0 1 1 8 10%
10番人気 0 1 0 9 10%
11番人気以降 1 4 1 53 10.2%

冒頭でも伝えた通り、上位人気の結果は酷いものだ。

逆に3番人気と7番人気が抜けた結果を出している。

また15番人気まで馬券に絡んでいることを考えると、通常の予想をして獲れるレースではないことを理解してほしい。

直近のレース結果や前走のタイムなどで予想してしまうと、1番人気を押さえざるを得ない予想となってしまい、ストレスの貯まるレースとなってしまう。

そんなレースをどうやって紐解いていくか…。

答えはデータから高い回収期待値を見込める馬券を組むこと!

今回は馬単フォーメーションを小点数で勝負すると伝えたが、ルールはこうだ。

①.1番人気2番人気は馬券から外す
②.頭は7勝を挙げている3番人気~5番人気から選出
③.2着は7番人気以降から選出

このルールで馬単を購入した場合、最大購入点数が30点・的中率70%となる。

ちょっとした計算(17,435円÷30点×70%)をすると回収期待値は407%となり、

ここから点数を絞っていくため、さらなる高回収を見込めることになる。

①はそのままなので、②の馬の選定から行っていこう。

②.頭は7勝を挙げている3番人気~5番人気から選出

まずは3~5番人気になりそうな馬をピックアップすることから始める必要があるのだが、

少し幅を広めに2~6番人気あたりになるだろう馬を挙げると、

マイネルウィルトス・トーセンスーリヤ・サトノエルドール・アドマイヤジャスタ・バイオスパークの5頭と判断した。

このうち、後述されているサトノエルドールとバイオスパークは馬券から除外されるので、マイネルウィルトス・トーセンスーリヤ・アドマイヤジャスタの3頭で考えていこう。

1.前走一桁人気・一桁決着

上記3頭のうち、

アドマイヤジャスタは前走二桁人気・二桁決着のため頭はない! と判断する。

2.2~4枠で6勝

4枠にトーセンスーリヤ、5枠にマイネルウィルトスが入った。

つまりトーセンスーリヤに分があるといえる。

3.逃げ馬4頭のうち2頭が勝っている

上記2頭は先行するだろうが、今回は絶対的な逃げ馬がいないためどちらも可能性という意味ではあり得る。

上記を理由に◎トーセンスーリヤ、☆マイネルウィルトスと判断する。

③.2着は7番人気以降から選出

1.前走OPEN以上からの参戦(昇級馬で馬券に絡んだ結果なし)

抽選から漏れる可能性が高い2頭だが、ここで昇級参戦するエンデュミオン・サクラトゥジュールは除外対象だ

 

2.前走のレース、人気と決着に注目

前走人気 前走決着 前走レース名
3番人気 8着 巴賞OPEN
5番人気 12着 巴賞OPEN
6番人気 9着 巴賞OPEN
7番人気 6着 巴賞OPEN
11番人気 5着 巴賞OPEN
6番人気 6着 五稜郭OPEN時代
14番人気 13着 天皇賞春G1
6番人気 3着 日経賞G2
7番人気 10着 新潟大賞典G3
8番人気 3着 エプソムカップG3

このデータからいえることは、以下の2点。

・前走巴賞に参戦し、馬券に絡んでいない馬から選出しよう

この条件に、ジェットモーション・ドゥオーモ・ワールドウインズが該当するので、この3頭が7番人気以降であれば2着馬に押さえよう!

逆に巴賞で馬券に絡んだサトノエルドール・マイネルファンロン・ナイママがはここで切ろう!

・重賞組は前走で一桁人気をイメージ
※今回G1組はカフェファラオのみ

前走新潟大賞典で11番人気だったバイオスパークは割引が必要だ。

また目黒記念から参戦した7頭は、掲示板に入ったことがないことからアイスバブル・ディアマンミノルをここで切ろう。

2着馬選出のデータをまとめると、以下のようになる。

▲ワールドウインズ
▲ジェットモーション
▲ドゥオーモ
△レッドジェニアル
△ハナズレジェンド
△タイセイトレイル

 

函館記念の最終予想

1着馬(3~5番人気を前提とする)
◎トーセンスーリヤ
☆マイネルウィルトス

2着馬(7番人気以降を前提とする)
▲ワールドウインズ
▲ジェットモーション
▲ドゥオーモ
△レッドジェニアル
△ハナズレジェンド
△タイセイトレイル

最大で馬単12点の予想にまとまった!

ダート王がデータ通りの結末を迎えるのか?!を気にしながらレースを楽しみたい。

今週の予想記事

サイトマップはこちら