データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年の福島牝馬ステークス(G3)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

今週の土曜日に、新潟競馬場 芝1800mで行われる福島牝馬ステークス(G3)に注目して予想していこう。

ヴィクトリアマイルのステップレースの一つとして知られる牝馬限定のローカルG3だ。

9年の過去全体で見ると半数弱が平均配当以下..という人気サイドで決着しているものの、

2020年には2着に13番人気のリープフラウヒ、3着に15番人気のランドネが飛び込み、3連単配当2,278,000円の夢馬券が飛び出した!

普通~大穴まで想定できる為、好走する馬を絞り込みづらいレースと言える。

ただし前走で中山牝馬ステークスを使った馬は、3着以内馬27頭中16頭を占め、8頭が勝ち馬という予測しやすい情報もある。

データを味方につけて人気薄の馬の好走を予想できれば、高配当ゲットも夢ではないレースだ。
 

まずは福島牝馬ステークス(G3)の傾向まとめを見てほしい。

 

傾向で書かれている通り、低配当は無視して【高配当】を意識しながら二桁人気の馬まで視野に入れレースを紐解く。

その結果人気薄になりそうなディアンドルパッシングスルーを加え、上位人気のクラヴァシュドールを除外できた。

現状での軸候補は5番人気のロザムール

ここを軸に馬連、もしくは三連複で馬券を組み上げていきたい。

それでは説明していこう。

 

福島牝馬Sの
人気別データ

人気 1着 2着 3着 着外 複勝率
1番人気 2 3 1 3 68.7%
2番人気 0 1 2 6 33.3%
3番人気 3 1 0 5 44.4%
4番人気 1 2 1 5 44.4%
5番人気 1 0 0 8 11.1%
6番人気 0 0 0 9 0%
7番人気 1 0 0 8 11.1%
8番人気 0 0 0 9 0%
9番人気 0 1 0 8 11.1%
10番人気 0 0 1 8 11.1%
11番人気 0 0 0 9 0%
12番人気 0 0 0 9 0%
13番人気 0 1 2 4 42.9%
14番人気 0 0 0 7 0%
15番人気 1 0 1 5 28.6%
16番人気 0 0 1 5 16.7%

当日人気データをみると1番人気の複勝率が67%と、抜けてはいるものの軸として安心できるレベルではない。

二桁人気馬も複数等馬券にからんでいて、最下位人気まで馬券に絡むため、単勝人気だけでは馬の選定は難しいレースだ。

他のデータも見ながら考えていこう。

 

福島牝馬Sの
年齢別データ

           
年齢 1着 2着 3着 着外 複勝率
4歳 2 4 2 49 14.0%
5歳 4 5 5 35 28.6%
6歳 2 0 2 15 21.1%
7歳以上 1 0 0 7 12.5%

年齢別データを見ると、5歳馬の複勝率は28.6%と頭一つ抜けている。

5歳馬の特徴を調べてみると、

前走から距離延長で、馬券にからんだのは9頭中1頭で、

当日4番人気以内と上位人気に推されていた、2018年のデンコウアンジュ1頭のみ。

今回のレースにおいて、距離延長で挑むフィリアプーラ、アフランシールは、現状二桁人気の人気薄の為ここで切ることにする

また前走から距離短縮で挑む、5歳馬の連対率は0%。

したがって距離短縮で挑む、上位人気の5歳馬シゲルピンクダイヤ軸には選べない。
 

次に、今回最も登録頭数の多い4歳馬の特徴を調べてみると、前走から距離延長で馬券に絡んだ馬はいない。

したがって、カリオストロ、サンクテュエール、クラヴァシュドールここで切ろう。
 

6歳馬の注目できるような共通する点は、特に見当たらなかった。
 

次に7歳馬の特徴を調べてみると、頭数が他の馬年齢に比べて一番少ないうえに、複勝率12%と低い。

馬券にからんだのは8頭中1頭で、当日3番人気以内に推された2017年ウキヨノカゼ1頭のみ。

今回出走する7歳馬アバルラータは3番人気以内に推されるどころか、13番人気の馬である為ここで切ることにする。

※8歳馬の出走は過去9年間なかったので、ここで紹介できるデータはない。

福島牝馬Sの
前走人気順別データ

前走人気順 1着 2着 3着 着外 複勝率
前走1人気 1 0 0 6 14.3%
前走2人気 0 2 0 6 25.0%
前走3人気 1 0 1 6 25.0%
前走4人気 0 2 0 8 20%
前走5人気 0 2 1 11 21.4%
前走6~9人気 2 3 4 25 28.5%
前走10人気~ 4 0 3 44 13.7%

前走人気別データだが、前走10番人気以下の馬でも複勝率は低めだが7頭が馬券に絡んでいる。

そこで、前走10番人気以下の馬で馬券にからんだ馬を調べてみると、

前走重賞レースを走った馬しか馬券にからめていないことが判明した。

したがって、上記に該当しないリュヌルージュここで切れる。
 

福島牝馬Sの
前走中山牝馬組別データ

           
前走レース名 1着 2着 3着 着外 複勝率
中山牝馬S 8 6 2 46 25.8%

冒頭で少し触れたが、過去9年で前走レースとして最も多く使われていた中山牝馬ステークス組(全128頭中62頭)から馬券に絡んだ馬の共通点を探してみた。

今回の中山牝馬Sからの出走馬は、ドナアトラエンテ、ロザムール、アブレイズの4頭。

では前走中山牝馬ステークス組で馬券にからんだ馬の特徴を紹介しよう。

前走中山牝馬ステークス組
前走着順別データ

前走着順 1着 2着 3着 着外 複勝率
前走1着 1 2 0 0 100%
前走2着 2 1 0 1 75%
前走3着 1 0 1 4 33.3%
前走4着 1 0 0 7 12.5%
前走5着 0 1 0 2 33.3%
前走6~9着 2 2 1 14 26.3%
前走10着~ 0 0 0 18 0.0%
※2015年勝ち馬のスイートサルサは中山牝馬で出走取り消しとなっており勝ち馬の数に誤差があります。

 

前走中山牝馬ステークス組
前走着差別データ

前走着差 1着 2着 3着 着外 複勝率
~0.2 5 2 1 7 53.3%
0.3~0.5 1 2 0 14 17.6%
0.6~0.9 0 0 1 16 5.9%
1.0~1.9 0 0 0 9 0%
※2015年勝ち馬のスイートサルサは中山牝馬で出走取り消しとなっており勝ち馬の数に誤差があります。

前走中山牝馬ステークス組の着順別・着差別データだが、

馬券にからんだ馬は9着以内かつ着差0.9秒以内で決着していることが分かった。

今回の出走メンバー4頭の内、9着以内かつ着差0.5秒以内で決着しているロザムールは連対の信頼度が高まった。

 

逆に二桁着順だったアブレイズ馬券から切れる。

 

これまでのデータをもとに、最終予想をまとめる。 
 

福島牝馬Sの事前予想

◎ ロザムール

〇 シゲルピンクダイヤ

〇 ドナアトラエンテ

〇 パラスアテナ

〇 ミスニューヨーク

〇 ムジカ

〇 ディアンドル

〇 パッシングスルー

 

 

ロザムールを軸に据えて、三連複一頭軸7点(21点)を推奨したい。

今週の予想記事

サイトマップはこちら