データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年のエプソムカップ(G3)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

公開:
更新:

今週の日曜日に、東京競馬場 芝1800mで行われる第38回 エプソムカップ (G3)に注目して予想していこう。

イギリスのエプソム競馬場が東京競馬場と姉妹提携したのをきっかけに設けられた中距離重賞レース。

今年は早くも混戦模様で、重賞初勝利を狙う高額馬のアドマイヤビルゴ、マイラーズC2着のアルジャンナ、弥生ディープ記念の勝ち馬サトノフラッグなど、いずれもディープインパクト産駒の馬が人気に推されている。

はたしてどんな展開になるのか?

さっそく、レースの傾向を見てみよう。
 

まずは エプソムカップ (G3)の傾向まとめを見てほしい。

 

3連単 or 馬連、馬単どちらがベターか、データを吟味しながらレースを紐説いていく。

その結果、馬券は馬連がべターと判断し、軸は据えずに上位人気のサトノフラッグを除外した、相手6頭まで絞りこんだ。

それでは理由を詳しく説明していこう。

 

エプソムカップの
人気別データ

人気 1着 2着 3着 着外 複勝率
1番人気 3 2 1 4 60%
2番人気 3 1 1 5 50%
3番人気 0 2 0 8 20%
4番人気 1 2 1 6 40%
5番人気 2 1 1 6 40%
6番人気 0 1 2 7 30%
7番人気 0 1 1 8 20%
8番人気 0 0 1 9 10%
9番人気 1 0 0 9 10%
10番人気 0 0 0 10 0%
11番人気 0 0 0 10 0%
12番人気 0 0 0 10 0%
13番人気 0 0 0 10 0%
14番人気 0 0 0 8 0%
15番人気 0 0 1 6 14.3%
16番人気 0 0 0 7 0%
17番人気 0 0 0 6 0%
18番人気 0 0 1 4 20%
 

当日人気データをみると、1番人気は60%、2番人気は50%と複勝率は頭一つ抜けている。

しかし軸に選ぶには、もう少しデータがほしいところだ。

3番人気以降の一桁人気の複勝率は横並びなので、一桁人気には下位人気まで視野に入れて馬券を組み立てる。

二桁人気馬は2020年の400万馬券となった年に18番人気で3着となったトーラスジェミニを除外して考えると、馬券にからんだのは15番人気のマイネルスターリーのみ。

馬券にからんだ馬のデータが少なく傾向が見えないので、二桁人気の馬まで拾うのはリスクが高いと言える。

 

2020年を除外して考えれば、ほぼ一般的な配当で決着している事実を考えると小点数で攻めた方が高い回収率を期待できる。

過去のこのレースでの経歴は気にした方がよいが、2020年を除外して考えれば9番人気で勝ち馬となったダイワキャグニーも除外できるので

馬連、馬単で考えるならば、7番人気以内の馬まで絞れて小点数で勝負ができる。

他のデータもみながら、結論に結び付けていこう。

 

エプソムカップの
年齢別データ

年齢 1着 2着 3着 着外 連対率
3歳 0 0 0 1 0%
4歳 7 6 3 17 39.4%
5歳 2 1 2 41 6.5%
6歳 1 3 3 28 11.4%
7歳 0 0 2 27 0%
8歳 0 0 0 17 0%

年齢別データをみると、7歳以上で連対した馬は46頭中ゼロ。

今回出走する7歳馬セダブリランテス、プレシャスブルー、ワンダープチュック、ミラアイトーンの連対は難しいだろう。

 

エプソムカップの
種牡馬別データ

     
種牡馬 1着 2着 3着 着外 連対率
ディープインパクト産駒 4 3 2 20 24.1%
キングカメハメハ産駒 2 1 0 6 33.3%
ダンスインザダーク産駒 2 0 1 3 33.3%
マンハッタンカフェ産駒 1 0 0 7 12.5%
ステイゴールド産駒 0 1 2 10 7.7%

種牡馬別データをみると、ディープインパクト産駒の馬の出走頭数が多く、頭一つ抜けている。

そこで今回も出走頭数の多いディープインパクト産駒の馬で、連対した馬の特徴を調べてみると、

連対した7頭中6頭が栗東登録の4歳馬だった!

残りの1頭は5歳馬のディサイファで、直近10戦で掲示板を外していない結果から当日も2番人気の馬だった。

ディサイファのような直近の結果が良かったり、当日の上位人気だったりする馬には4歳馬ではなくても注意をしたい。

今回出走する馬で上記に該当しない、ディープインパクト産駒の美浦登録の4歳馬サトノフラッグ、栗東登録の5歳馬ヴェロックスには割引が必要だ。

 

エプソムカップの
前走騎手別データ

     
前走騎手 1着 2着 3着 着外 連対率
同騎手 4 4 5 49 12.9%
乗り替わり 6 6 5 84 11.9%

前走騎手データをみると、騎手の乗り替わりの有無によって連対率に差はないが、乗り替わりで馬券にからんだ馬の特徴をみつけたので紹介しよう。

下の表を見てほしい。

 

乗り替わり騎手登録別データ

     
登録騎手 1着 2着 3着 着外 連対率
美浦登録 2 1 3 70 3.9%
栗東登録 3 5 2 10 40%
外国登録 1 0 0 4 11.9%

騎手乗り替わりで連対した馬は栗東登録の騎手に乗り替わった馬が多く、

美浦登録の騎手に乗り替わった馬は、76頭中3頭しか連対していない。

その3頭はみな4歳馬だったので、馬券を組む際には意識したい。

上記に該当しない美浦登録騎手に乗り替わりのザダル、アトミックフォース、ニシノデイジー、ヒュミドール、エアアルマスここで切ろうと思う。

 

エプソムカップの
前走体重別データ

     
馬体重 1着 2着 3着 着外 連対率
420~439kg 0 1 0 1 50%
440~459kg 1 2 0 11 21.4%
460~479kg 1 3 0 34 10.5%
480~499kg 6 3 6 46 27.0%
500~519kg 2 0 0 29 6.5%
520~539kg 0 1 2 9 25.0%
540~kg 0 0 0 3 0%

前走馬体重別データをみると、500kg以上あった馬で連対した馬は43頭中3頭で、休み明け3戦目以上での参戦という共通点があった。

前走馬体重500kg超で、休み明け2戦目で参戦のシュリに割引が必要だ。

 

最終的な買い目は以下の通りだ。 
 

エプソムカップの事前予想

〇 アルジャンナ

〇 アドマイヤビルゴ

〇 ファルコニア

〇 ガロアクリーク

〇 ヤシャマル

〇 マイラプソディ

 

馬券は馬連6頭ボックス(15点)を推奨する。  

今週の予想記事

サイトマップはこちら