データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

2021年のダービー(G1)予想 感情抜きのデータのみで馬券を組むとこうなる!

公開:
更新:

今週の日曜日に、東京競馬場 2400メートル(芝)で行われる第88回日本ダービーG1に注目して予想していこう。

皐月賞に続くクラシックの2冠目のレースとしても知られ、過去にはナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴル、など7頭が皐月賞、ダービーを制し2冠馬に輝いている。

今年は4戦4勝で皐月賞を制覇し、無敗の二冠馬を狙うエフフォーリアや、オークスを選ばず、ダービーで勝負する桜花賞2着のサトノレイナスらが出走予定。

熱い激闘が繰り広げられるレースになりそうだ。

さっそく、レースの傾向を見てみよう。
 

まずは日本ダービー(G1)の傾向まとめを見てほしい。

 

傾向で書かれている通り、複勝率70%の1番人気 or 3番人気のどちらかを軸にレースを紐解く。

その結果、エフフォーリアを軸に据え、相手馬に3番人気候補のサトノレイナス、シャフリヤール、ディープモンスターを馬券から除外した6頭に絞りこめた。

馬券はデータ的に回収期待値が高い、3連単or3連複を選択する。

それでは理由を詳しく説明していこう。

 

日本ダービーの
人気別データ

人気 1着 2着 3着 着外 連対率
1番人気 4 1 2 3 70%
2番人気 1 2 1 6 40%
3番人気 3 3 1 3 70%
4番人気 0 1 0 9 10%
5番人気 1 2 0 7 30%
6番人気 0 0 0 10 0%
7番人気 0 0 1 9 10%
8番人気 0 0 2 8 20%
9番人気 0 0 0 10 0%
10番人気 0 1 1 8 20%
11番人気 0 0 0 10 0%
12番人気 1 0 1 8 20%
13番人気 0 0 0 10 0%
14番人気 0 0 0 10 0%
15番人気 0 0 0 10 0%
16番人気 0 0 1 9 10%
17番人気 0 0 0 10 0%
18番人気以降~ 0 0 0 9 0%

当日人気データをみると、1番人気と3番人気は70%という高い複勝率だ。

1番人気、3番人気のどちらも馬券に絡まなかったのは200万馬券が飛び出した2018年のみ。

したがって1番人気or3番人気を軸に、相手馬を選んでいく。

200万馬券が出た2018年以外の9年、3連単の配当は硬め~やや荒れで幅広いものの、

硬め決着で収まることも少なくないので、大穴の馬まで拾うには少々リスクが高い。

したがって16番人気で馬券にからんだ馬は度外視しよう。

 

相手馬は、12番人気まで横並びの成績。

10番人気以内の馬で馬券は組み立てていくが、12番人気以内の馬まで注意は必要だ。

他のデータもみながら、相手馬を決めていこう。

 

日本ダービーの
前走騎手乗り替わり別データ

前走騎手 1着 2着 3着 着外 複勝率
同騎手 10 9 7 92 22.0%
乗り替わり 0 1 3 57 6.6%

前走騎手別データを見てみると、騎手乗り換えでいどんだ馬で、馬券にからんだ馬は61頭中4頭。

4頭の共通点は、前走3番人気以内で前走の最終コーナーを5番手以内で通過した馬だった。

今回の出走で該当する馬は次の通りだ。

騎手乗り替わり
出走馬
前走人気 最終コーナー通過順位
シャフリヤール 2 4
ディープモンスター 10 14
グレートマジシャン 1 6
ヨーホーレイク 11 8
レッドジェネシス 3 5
アドマイヤハダル 3 7
グラティアス 7 8
ラーゴム 5 8
タイムトゥヘヴン 8 8

条件を100%クリアしているシャフリヤール、レッドジェネシスはこの時点で信頼度は高いと言える。

条件を50%クリアしているグレートマジシャン、アドマイヤハダルはこの時点では切れないが、

条件をクリアしていないディープモンスター、ヨーホーレイク、グラティアス、ラーゴム、タイムトゥヘヴン馬券から切ろう。

 

日本ダービーの
距離延長別データ

     
前走距離 1着 2着 3着 着外 複勝率
2200m 2 1 1 20 16.7%
2000m 8 7 6 79 21.0%
1800m 0 0 0 6 0%
1600m 0 0 0 23 0%

距離延長別データをみると、400メートル以上の距離延長から参戦した馬で馬券にからんだ馬はゼロ。

400メートル以上の距離延長から参戦する馬は、グレートマジシャン、シャフリヤール、サトノレイナス

前走1800mから出走するグレートマジシャン、シャフリヤールは母数が少ない為、このデータだけでは切れない。

前項の条件で切らなかったグレートマジシャンは、ここで切ることになった。

前走1600mから出走する馬で、馬券にからんだ馬は23頭中ゼロ

桜花賞から参戦するサトノレイナスには分が悪い。

近年では強い牝馬が目立つものの、上位2頭の決着を望む馬券師はいないと思うので、ここは回収期待値を踏まえて思い切ってサトノレイナスは切ろう!

 

日本ダービーの
前走馬体重別データ

前走馬体重 1着 2着 3着 着外 複勝率
400~419kg 0 0 0 1 0%
420~439kg 0 0 0 7 0%
440~459kg 2 2 0 23 14.8%
460~479kg 2 1 4 44 13.7%
480~499kg 5 3 3 52 17.5%
500~519kg 1 3 1 19 20.8%
520~539kg 0 1 2 3 50%

前走馬体重別データをみると、馬体重459kg以下の馬で馬券にからんだのは35頭中4頭。

2400mは軽量馬かつ経験の少ない3歳馬には、スタミナ的に苦しいというデータと言えるだろう。

459kg以下で馬券に絡んだ4頭の共通点には、前走G1もしくはG2のレースから参戦したというものがあった。

上記に該当しない馬体重459kg以下のシャフリヤールこの時点で馬券から切ろう。

 

それではデータに基づいた最終予想をまとめる。

日本ダービーの事前予想

◎ エフフォーリア

〇 タイトルホルダー

〇 ワンダフルタウン

〇 ステラヴェローチェ

〇 レッドジェネシス

〇 バスラットレオン

〇 アドマイヤハダル

 

馬券は3連複でエフフォーリア1頭軸ながしの相手6頭(15点)を推奨する。

もし予算に余裕があるなら、2倍のリスクは伴うがエフフォーリア1着ながしの3連単相手6頭(30点)で勝負してもよいだろう。

 

今週の予想記事

サイトマップはこちら