データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

'チャンピオンズカップ(G1)の傾向まとめ
 過去データから予想すべきレースか判別

現状の条件での直近6年のレース結果

2019年 配当:8,980円
着順 馬名 人気 年齢
1 クリソベリル 2 牡3
2 ゴールドドリーム 1 牡6
3 インティ 3 牡5
2018年 配当:27,310円
着順 馬名 人気 年齢
1 ルヴァンスレーヴ 1 牡3
2 ウェスタールンド 8 セ6
3 サンライズソア 3 牡4
2017年 配当:158,490円
着順 馬名 人気 年齢
1 ゴールドドリーム 8 牡4
2 テイエムジンソク 1 牡5
3 コパノリッキー 9 牡7
2016年 配当:85,980円
着順 馬名 人気 年齢
1 サウンドトゥルー 6 セ6
2 アウォーディー 1 牡6
3 アスカノロマン 10 牡5
2015年 配当:318,430円
着順 馬名 人気 年齢
1 サンビスタ 12 牝6
2 ノンコノユメ 3 牡3
3 サウンドトゥルー 5 セ5
2014年 配当:70,890円
着順 馬名 人気 年齢
1 ホッコータルマエ 2 牡5
2 ナムラビクター 8 牡5
3 ローマンレジェンド 3 牡6

チャンピオンズカップの
大まかな傾向

配当はやや荒れ以上

名称がジャパンカップダートから変更されるとともに、開催が阪神から中京に変更された2014年以降のデータ。
2018年以降は落ち着いた結果になっているけど、現時点での大きな傾向としてはやや荒れ以上と考えたい。\

外枠はやや不利か

6枠以降から35頭が出走していて、その内3番人気だった馬は8頭いたが馬券に絡んだのは4頭。
また勝ち馬が6枠以降から出ていないという事実を見ると、外枠はやや不利と考えて良いだろう。

軸馬を決めるならば、1番人気 or 3番人気

1番人気と3番人気の複勝率が67%、また双方が馬券から漏れたことはないので、どちらかを軸に考える。
ただ、年数が少ないので、必ずしも軸馬としての信頼度が高いわけではないので、ボックスでも良さそう。

また12番人気で勝った2015年のサンビスタだが、前年度の当レースでも15番人気4着、その後も崩れたレースをしておらず埋もれただけと感じる。 

二桁人気馬の好走

二桁人気で馬券に絡んだのは2頭。
上記でサンビスタの話を紹介したが、二桁人気で馬券に絡んだもう1頭は2016年10番人気3着のアスカノロマン。

2頭の共通点として、以前のフェブラリーステークスで馬券に絡んだことがある実績馬というもの。
直近の結果だけに左右されず、過去の実績にも注意しよう。

チャンピオンズカップの
傾向まとめ

≫ 近年落ち着いた結果となっているが、現時点ではやや荒れ以上をイメージする

≫ 選出頭数によってはボックスもあり 軸を選ぶならデータは少ないが1番人気 or 3番人気

≫ 人気薄の馬に関しては、過去の実績にも注意しよう 

データは少なめだが顕著な傾向あり
堅めは捨ててやや荒れ以上を狙っていく

ズバリ!

今週の予想記事

サイトマップはこちら