データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

アルテミスステークス(G3)の傾向まとめ
 過去データから予想すべきレースか判別

G3に昇格して以降のレース結果

2018年 配当:64,280円
着順 馬名 人気 年齢
1 シェーングランツ 6 牝2
2 ビーチサンバ 5 牝2
3 エールヴォア 2 牝2
2017年 配当:308,150円
着順 馬名 人気 年齢
1 ラッキーライラック 2 牝2
2 サヤカチャン 13 牝2
3 ラテュロス 4 牝2
2016年 配当:5,670円
着順 馬名 人気 年齢
1 リスグラシュー 1 牝2
2 フローレスマジック 2 牝2
3 シグルーン 5 牝2
2015年 配当:516,620円
着順 馬名 人気 年齢
1 デンコウアンジュ 12 牝2
2 メジャーエンブレム 1 牝2
3 クロコスミア 6 牝2
2014年 配当:137,140円
着順 馬名 人気 年齢
1 ココロノアイ 9 牝2
2 レッツゴードンキ 1 牝2
3 トーセンラーク 11 牝2

アルテミスステークスの
大まかな傾向

配当は中荒れ~大荒れ

2012年に新設され、2014年からG3となったこのレース。
平均配当は206,372円と高く、基本的に荒れることを前提としたい。

ただ、G3に昇格してからまだ6年、少ない2歳戦、さらには2019年は9頭立てというこのレースは、データの信憑性が低い。
この先数年データが蓄積し、出走頭数も安定したら改めて考えることにする。

アルテミスステークスの
傾向まとめ

現時点では
馬券を組むべきレースではない

ズバリ!

今週の予想記事

サイトマップはこちら