データを活用した競馬予想サイト 回収を見込めるレースのみを対象に!

オールカマー(G2)の傾向まとめ
 過去データから予想すべきレースか判別

中山開催での直近9年のレース結果

2019年 配当:54,310円
着順 馬名 人気 年齢
1 スティッフェリオ 4 牡5
2 ミッキースワロー 3 牡5
3 グレイル 6 牡4
2018年 配当:1,640円
着順 馬名 人気 年齢
1 レイデオロ 1 牡4
2 アルアイン 3 牡4
3 ダンビュライト 2 牡4
2017年 配当:20,150円
着順 馬名 人気 年齢
1 ルージュバック 5 牝5
2 ステファノス 1 牡6
3 タンタアレグリア 3 牡5
2016年 配当:8,070円
着順 馬名 人気 年齢
1 ゴールドアクター 1 牡5
2 サトノノブレス 3 牡6
3 ツクバアズマオー 6 牡5
2015年 配当:24,060円
着順 馬名 人気 年齢
1 ショウナンパンドラ 3 牝4
2 ヌーヴォレコルト 1 牝4
3 ミトラ 7 セ7
2013年 配当:64,420円
着順 馬名 人気 年齢
1 ヴェルデグリーン 9 牡5
2 メイショウナルト 2 セ5
3 ダノンバラード 1 牡5
2012年 配当:31,940円
着順 馬名 人気 年齢
1 ナカヤマナイト 2 牡4
2 ダイワファルコン 4 牡5
3 ユニバーサルバンク 6 牡4
2011年 配当:6,120円
着順 馬名 人気 年齢
1 アーネストリー 1 牡6
2 ゲシュタルト 6 牡4
3 カリバーン 2 牡4
2010年 配当:13,170円
着順 馬名 人気 年齢
1 シンゲン 5 牡7
2 ドリームジャーニー 1 牡6
3 トウショウシロッコ 6 牡7

オールカマーの
大まかな傾向

配当は堅め決着

平均は15頭だが出走頭数9頭~18頭というレース。
これだけ出走頭数にバラつきがあるとデータの信憑性が下がるので、データ馬券では避けるべきだろう。

ただ、天皇賞秋に向けて注目度の高いステップレースなので、最低限のデータは紹介する。
平均配当は低めの24,875円と、馬券を組む際には堅め決着を前提に考えたい。

外枠不利

7~8枠でも馬券に絡んでいるが、馬券に絡んだ3頭(すべて勝ち馬)は4番人気以内だった。
実際に数字に出してみると6枠以内の複勝率が30%に対して、7枠以降では8%と大きな差が出ている。

軸馬は1番人気

1番人気の複勝率は78%とまずまずで、連対率も67%と3回に2回連対している。
率的に1番人気からの馬連も考えられるが、1番人気が絡んだ馬連の平均配当が695円となるため馬連でも厳しい。

豆知識

出走頭数が少ないことが大きな原因だが、過去9年では一桁人気のみで決着していた。
母数は少ないが栗東騎手の複勝率が62%と高いので注意したい。
勝ち馬に限ると9頭中8頭が前走と同じ騎手、2着馬でいうと9頭中7頭が同じ騎手 同騎手同士で馬券を組むだけで69%の的中率となる。
連対馬に限るが、前走二桁人気で当レースで連対した4頭は、前走G1からの参戦馬。
連対馬に限るが、5週以上の間隔で参戦していた

オールカマーの
傾向まとめ

≫ 平均24,875円!堅め決着を前提と考える

≫ 1番人気の信頼度がまずまずだが、1番人気が馬券に絡んだ馬連の平均配当は695円と低め

≫ 馬券を組む際には馬連最小限で組もう、豆知識を参考にしてもらえれば

傾向は明確だが
的中率と回収率のバランスを考えると避けるべき

ズバリ!

今週の予想記事

サイトマップはこちら